変幻自在! 川島郭志 vs セシリオ・エスピノ

かつての日本BOXING史上において、川島郭志選手ほど以上に、卓越したディフェンス技術を持った日本人選手が居ただろうか・・・。 確かに、ディフェンスが巧い日本人選手と言えば、井岡一翔選手や井上尚弥選手も居ますが、しかし、多少の差でも、川島郭志元・チャンピオンに勝る防御技術を有した選手は居ないのではなかろうか?と言えるでしょう。 …

続きを読むread more

華麗なるディフェンス 川島郭志チャンピオンの誕生劇

そのディフェンステクニックは、もぅ二度と、コレ以上のディフェンスを出来る選手は現れないのではないか?と、当時、称されていたほどの華麗なるテクニックでした。 アンタッチャブル、触れさせない、それが代名詞だった魅せるボクシングでした。 WBCのジュニアバンタム級のチャンピオンへの挑戦。 解体となった横浜文化体育館でのタ…

続きを読むread more

アンタッチャブル! 川島郭志チャンピオンの誕生!

アンタッチャブル!触れさせない!、それがこの選手の代名詞でしょうか・・・。 その「芸術的」と称されたディフェンス技術は、唯一無二であり、触れさせない、打たれない、という表現で言われておりました。 元・WBC世界ジュニアバンタム級チャンピオンの川島郭志選手です。 芸術的とか、華麗とか、そぅ言われた防御の技術は、その川…

続きを読むread more

怪物との死闘! 鬼塚勝也 vs アルマンド・カストロ 後編

WBA世界ジュニアバンタム級のタイトルマッチ。 元世界王者の鬼塚勝也選手とメキシコの怪物、アルマンド・カストロ選手との1戦、その死闘の紹介。 小柄であるその体格とは裏腹に、エンドレスファイターかの如くに前へ前へと前進して来るそのファイトスタイル。 メキシコの選手というのは、独特の癖のある戦い方をする選手は結構多…

続きを読むread more

メキシコの怪物! 鬼塚勝也 vs アルマンド・カストロ 前編

当方が、ボクシング観戦にハマった切っ掛けになった選手、鬼塚勝也 氏。 元・WBA世界ジュニアバンタム級のチャンピオンである。 福岡県北九州市の出身で、その容姿は本当に戦う選手の模範的な精悍なものでありましょう。 学生時代は空手をやっていたという鬼塚氏ですが、高校に入り、ボクシングをやり、そして世界チャンピオンに上り詰めた。…

続きを読むread more